日本ハウズイング

  • 募集要項
  • キャリア採用 応募受付
  • 障がい者 採用応募受付
  • リクナビ2018
  • キャリタス就活2018

営繕×フロント

喜びも苦労も、常に分かち合える相手がいる。

“やさしい技術者”と、“かっこいいフロントマン”。

小長井:鈴木課長が東京東支店にいらした頃には、ずいぶんとお世話になりました。約5年の間に、いろいろお仕事させていただきましたよね。鈴木課長は優しそうな見た目そのままに、お客様に対して丁寧で配慮の行き届いた仕事をされていて、とても勉強になりました。それに、営繕という技術職でいながら、私たちフロント(マンション管理コンサルタント)にも理解と思いやりがあって、とても有難かったです。

鈴木:私が小長井課長代理を最初に見たときには、「背が高くてスタイルが良くて仕事に対して前向きな、かっこいいフロントマンだな」と思ったよ。実際、お客様からの信頼も厚いし。一緒に仕事をした中で最も印象に残っているのは、渡辺ガーデンハイム(※仮名)かな。

小長井:あ、私もです!あれは当時の東京東支店では最も規模の大きい外壁修繕案件で、私の担当物件としてどうしても受注したいと思っていたんですよね。ただ、競合コンペだったので、そう簡単にはいかなくて。

鈴木:でも小長井課長代理が持ち前の提案力と関係構築力でお客様の懐に入っていってくれたおかげで、施工だけでなく設計から提案できるようになったんだよね。

小長井:私としては鈴木課長のおかげだと思っているんです。大規模修繕の提案は非常に専門性の高いものになるので、マンションオーナーの皆様にとっては理解しにくい内容になりがち。専門用語も頻出しますし。いつもはフロントである私が間に立って、通訳のような役割を担っていました。
でも鈴木課長の場合は、一般の方でも分かるような資料づくりと説明をされていて、私の出番はなかった。結果、オーナーの皆様に安心と信頼をいただいて、「日本ハウズイングに任せよう」と思っていただけたと感じています。

高い壁も、二人三脚で乗り越える。

鈴木:結果、無事に受注となったけど、その後もいろいろと困難が待ち受けていたよね(笑)。本来は物を置いていけない場所を、ある住人の方が長年物置代わりにお使いになっていて。撤去しないことには工事が始められないのだけれど、「これまでずっと許されてきたのに、なぜ急にダメといわれるのか」とお叱りを受けてね。小長井課長代理にはずいぶん頑張ってもらって、なんとか収めてもらったよね。

小長井:私はフロントなので当然ですが、鈴木課長にも一緒に説得していただきましたよね。やはり技術面からのご説明というのも、ご納得していただく上では重要ですから助かりました。それに、当初より変更を余儀なくされる点も出てきて、計画の引き直しや予算の組み直しにもご尽力いただきました。

鈴木:嬉しいことも大変なことも、営繕とフロントは分かち合うことが多いよね。まさに二人三脚というか。われわれ技術職は、ともすると個人仕事のように思えるけれども、こうやってチームワークを発揮できる環境があるということは、やりがいのひとつだと感じるな。

仕事の先に、お客様の顔が見える。

小長井:鈴木課長が感じる「仕事のやりがい」って、他に何がありますか?私の場合は、いろいろなお客様に会えることです。ふだん多様な職業でご活躍されているオーナーの皆様とお話ししていると、自分の中にはないビジネス視点が持てたり知見が広がったりして、自己の成長を感じられます。いや、ビジネス的な話に限らず、世間話も含めて、物事の捉え方が深くなるというか。自分を高められる仕事だなーって、いつも思いますね。

鈴木:私は「お客様の顔が見える」というのがやりがいかな。前職では新築の工事管理をしていたのだけれど、新築だけに、そこに住んでいる方を目にすることは無かったからね。一方、マンション管理の場合は、すでに住人の方がそこで暮らしているわけで、顔の見える一人ひとりのお客様のために、持てる技術や知識を発揮できるというのは、すごく嬉しいことだなと。
もちろん、それゆえの厳しさもあるけれどね。常に見られていることを意識して、自分の襟を正す必要があるし、工事の際などにも、住人の方の日常生活を邪魔しないように特別の配慮が必要だしね。でもそれって、プロとして当たり前のことだから、精進あるのみ。お客様から直接「ありがとう」と言葉を掛けていただける喜びは、何ものにも変えがたいです。

小長井:本当に同感です。またいつか、一緒にお仕事させてください!


ゼネコンにて新築工事管理を14年ほど経験したのち、2005年に日本ハウズイングへ入社。東京北支店、東京東支店を経て柏支店に配属。2014年より課長職。分かりやすい提案書や丁寧な説明が評判で、多くのお客様から信頼を得ている。家族と過ごす時間が一番の癒し。休日には、ドライブやショッピング、5歳になる息子の遊び相手をして楽しんでいる。

鈴木 貴幸 柏支店 営繕課 課長

2006年4月に新卒入社。本社住宅営業部を経て東京東支店に配属。入社からずっとフロント業務に携わってきたが、2013年に課長代理職となって以降は、人材育成に仕事のウェイトを移してきている。家では1歳の息子と5歳になる娘の良きパパ。最近の印象的な出来事は、息子が「おはよう」と喋ったこと。早朝だったが「眠気が吹き飛んだ」。

小長井 友貴 東京東支店 管理課 課長代理


※2016年10月現在