お問い合わせ

メニュー

コミュニティ形成支援

日本ハウズイングは良質なコミュニティライフの実現を応援します

マンションは良質な集合住宅です。居住者様同士のつながりが、ひとりではできなかった防犯、防災、高齢者への対応などの問題解決へとつながります。充実したコミュニティが作られることで、居心地が良く、住みやすいマンションとなり、より資産価値も高まります。

管理組合主催のイベントを行うことで、会話や食事等を通して居住者様同士のつながりが生まれます。その結果、連帯感が深まり、コミュニティが醸成され、住みやすいマンションになります。
イベントのほか、管理組合の広報誌、ホームページ制作などコミュニティ作りに役立つさまざまな提案を日本ハウズイングは行っています。

日本ハウズイングの3つのコミュニティ形成支援

1.地域のコミュニティ作り

マンションは社会的資産であるため、管理組合様とマンションの所在する地域のコミュニティ作りが重要です。
町内会・自治会のイベントとマンションのイベントを融合させて連携を強めることにより、地域への貢献が広がります。地域のコミュニティ作りのお手伝いは管理会社にとって、とても重要な役割となっています。

2.防災の提案

地震や火災等の災害は、突然起こるもの。ですから、日頃の備えが非常に重要です。日本ハウズイングでは、消防計画作成のお手伝い、防災訓練や備蓄品等の提案を随時行っています。また、マンション防災だけでなく地域防災も視野に入れ、地域の自治会や企業、役所とのつながりを保っておくことが大切です。

【地震対策】

  • 災害用トイレ、水・食料等の備蓄品の準備
  • 避難場所、災害時の連絡方法の確認
  • 家具・家電製品等の固定

事例紹介

【管理組合様向け「防災マニュアル」】

地震や火災、集中豪雨などに対して、管理組合様やご家庭での「日頃の備え」や「災害発生時の行動マニュアル」などをコンパクトにまとめた「防災マニュアル」を作成しました。各マンションの実情に合わせたカスタマイズ等サポートします。

【居住者様向け「防災ハンドブック」】

居住者の皆様の周囲の防災情報を整理し再確認することを目的に、「自宅の安全対策・備蓄品」、「住んでいるマンションについて」、「地域の避難場所」、「安全確認の方法」など、必要な事柄を書き込められる「防災ハンドブック・緊急連絡携帯カード」を作成しました。

防災ハンドブック ダウンロード

【管理員用「震災対応マニュアル」】

各マンションに勤務する管理員用に、「震災対応マニュアル」を整備しました。東日本大震災での実体験も盛り込むなど、より実践的な内容にし、いざというときに、より一層管理組合様や居住者様をサポートできるよう指導しています。

3.防犯の提案

防犯問題はマンションをきれいにするところからはじまります。

監視カメラを何台も設置しても根本的な防犯対策にはなりません。ニューヨークの治安回復の実例でも明らかなように、きれいに清掃され、落書きなど無い住環境が治安を守ります。 昨今の社会情勢からマンションの防犯に関する意識が年々高まってきています。そのため、個人レベルでの防犯対策はもちろん、管理組合としての防犯対策が大切です。日本ハウズイングでは、共用部分への防犯機器の設置といったハード面から規約変更やセミナー開催といったソフト面に至る総合的な防犯対策を提案します。

【マンション内のコミュニケーション】

防犯腕章を付けた管理組合役員様と管理員が巡回したり、居住者の方々が子供たちの登下校時に声をかけ合ったりなど、常にマンション内のコミュニケーションを活発にすることで、隣人同士のあいさつも増え、監視カメラの効果もさらに強まります。

泥棒対策診断はこちら

マンション管理をお考えの方はお気軽にお見積り依頼及びご相談ください。

お問い合わせはこちらから

マンション管理のこと

お問い合わせ