マンション管理のこと

管理員・担当フロントマンの教育

管理員の教育

日本ハウズイングの管理員は「現場意識」が違います

日本ハウズイングでは「お客様第一主義」「現場主義」を掲げており、その重要な役割を果たす管理員は直接雇用して業務にあたります。日々の業務はもちろん、お客様との接点に立って細かなご要望や問題点などの情報をフロントマンに、そしてフロントマンを経由して本部に伝える、その大切な情報の起点を担っています。日本ハウズイングの管理員は、その問題意識の高さが特長です。


充実した研修センターと研修ツール

日本ハウズイングの研修センターは、各種設備の実物や建物構造モデル等を備えた研修施設で、平成15年4月15日に高等職業訓練校として東京都「認定職業訓練校」に認定(認定番号 単第217号)されています。


研修風景

人によって管理レベルのバラツキがないよう、管理業務マニュアルに管理員の服務規程・業務規程を定めるとともに、好感が持てる専門知識のある管理員を育成しています。


管理業務マニュアル
管理業務マニュアル 項目一覧
1.受付業務
2.点検業務
3.清掃業務
4.立会業務
5.報告連絡業務
6.緊急時の対応

清掃チェックリスト

独自の評価基準に基づき「清掃200点チェックリスト」を定め、目標クリアに努めています。


お客様にもっと満足していただくために


AED(自動体外式除細動器)

救命技能認定を推進中です。

心肺蘇生法や外傷手当、運搬法等からAEDの操作までできるよう、応急処置技能検定講習の受講と資格取得を推進しています。


オレンジリング

認知症のサポーターにも。

マンション内の生活場面で、「認知症サポーター」として正しく理解した管理員が、あたたかく見守り支援します。

フロントマンの教育

リプレースで鍛えられているフロントマン

「人が最も成長をする瞬間!」それは新しい体験をするときです。日本ハウズイングが毎年新たに獲得する管理受託マンションの約80%が、リプレース(管理会社変更)によるものです。リプレースに至る管理組合様は、マンション管理に対する意識が高く、深い知識もお持ちです。日本ハウズイングのフロントマンは、常にそうしたお客様と真剣に接しながら切磋琢磨し、マンション価値の向上と自己の成長に励んでいます。


多角的な視点を養成する研修体制

意識の高いお客様のご要望に応えるために、日本ハウズイングではさまざまな研修に取り組んでいます。建物を管理する上で求められることは、関連法規や各種設備関係の取り扱いからお客様とのコミュニケーション能力まで、多岐にわたります。日本ハウズイングでは、独自に策定した管理業務マニュアルや研修センターをはじめとする各種研修施設等を活用した多種多様な研修により、ハイレベルな管理員・フロントマンの育成に取り組んでいます。


管理業務マニュアル

コンプライアンスマニュアル

心肺蘇生法&AED操作研修

提案力向上のグループ研修

フロントマンの教育

弊社社員がマンションを定期的に巡回し、管理状況のチェックや管理員との業務打合せを行います。


業務チェックの様子

業務打合せの様子

役員様との巡回

現場指導でスキルアップを図ります


日本ハウズイングでは、巡回指導員がマンションを定期的に巡回し、清掃状況の確認とともに清掃の指導を行い、
常に清掃技術の向上に努めています。

マンション管理に関する
お見積もり依頼はこちらから
お問い合わせフォームへ