お問い合わせ

メニュー

泥棒対策診断

日本ハウズイングでは、総合的な防犯対策を提案します。

昨今の社会情勢から、マンションの防犯に対する意識が年々高まってきているため、各居住者が個人で行う防犯対策はもちろん、管理組合としての防犯対策が大切です。

日本ハウズイングでは、共用部分への防犯機器の設置といったハード面から始まり、規約変更やセミナー開催といったソフト面にいたる総合的な防犯対策を提案します。

泥棒対策診断

あなたは、どのくらい泥棒の心理を読み取れますか?

Q1.泥棒が家の下見をしています。最も気を付けて見ているのはどこでしょう?

  1. 1指定日以外にゴミが出ているか。
  2. 2家の人は留守か。
  3. 3お金がありそうか。
  4. 4植木などの死角となるものがあるか。
  5. 5犬がいないか。
  6. 6足場となるものがあって、入りやすく逃げやすいか。
  7. 7駅から近いか。
  8. 8立ち話している人や、通行人が多いか。
  9. 9窓の鍵の位置から、開けやすい窓か。

答え

2家の人は留守か。

Q2.泥棒が留守を確認する方法です。最も多いのはどれでしょう?

  1. 1郵便受けに新聞や配達物が溜まっている。
  2. 2日が暮れても玄関や室内の電灯がつかない。
  3. 3窓ガラスに石を投げて様子を見る。
  4. 4昼間、カーテンや雨戸が閉まっている。
  5. 5室内に人の動きがないか様子を見る。
  6. 6インターホンを押してみる。
  7. 7電話番号を調べて電話してみる。
  8. 8電気メーターの回り具合を見る

答え

6インターホンを押してみる

Q3.泥棒が侵入する場所です。最も多いのはどこでしょう?

  1. 1高窓
  2. 2玄関(アパート、マンションの共用出入口を除く)
  3. 3勝手口
  4. 4掃き出し窓
  5. 5ベランダ
  6. 6腰高窓

答え

4掃き出し窓

Q4.泥棒の携行品です。最も多いのはどれでしょう?

  1. 1手袋、サングラス、マスク
  2. 2地図、方位計
  3. 3バール
  4. 4懐中電灯
  5. 5ドライバー
  6. 6携帯電話
  7. 7弁当
  8. 8風呂敷
  9. 9合い鍵

答え

5ドライバー

Q5.泥棒が侵入できずにあきらめた時間です。最も多いのはどれでしょう?

  1. 12分以内
  2. 22分~5分
  3. 35分~10分
  4. 410分を超える
  5. 5目星を付けたら侵入するまであきらめない

答え

22分~5分

Q6.泥棒が室内を物色する時間です。最も多いのはどれでしょう?

  1. 15分以内
  2. 25分~15分
  3. 315分~30分
  4. 430分を超える
  5. 5気が済むまで金品をさがす

答え

25分~15分

Q7.泥棒が物色する場所です。最も多いのはどこでしょう?

  1. 1
  2. 2冷蔵庫
  3. 3仏壇
  4. 4押入
  5. 5衣類のポケット
  6. 6鏡台
  7. 7食器棚、サイドボード
  8. 8タンス
  9. 9カバン・バッグ類

答え

8タンス

Q8.泥棒が犯行を諦めた理由です。最も多いのはどれでしょう?

  1. 1センサーライトがついていた。
  2. 2頑丈な面格子が付いていた。
  3. 3開けにくい鍵が付いていた。
  4. 4窓が強化ガラスだった。
  5. 5パトロール中の警官に出会った。
  6. 6ドアや窓に補助鍵が付いていた。
  7. 7近所の人に見られたり、声をかけられた。
  8. 8犬がいた。
  9. 9防犯カメラが付いており、ホームセキュリティが整っていた。
  10. 10警備会社のセキュリティーシステム加入の標示が付いていた。

答え

7近所の人に見られたり、声をかけられた。

資料提供:神奈川県警

マンション管理会社をお探しの方はお気軽にお見積り依頼及びご相談ください。

お問い合わせはこちらから

マンション管理会社を
お探しの方

お問い合わせ