お問い合わせ

メニュー

長期修繕計画

日本ハウズイングの長期修繕計画

経験豊かな専門技術スタッフが貴建物の経年化対策に最適なプロセスと多様なプランニングを立案します。 簡易な修繕計画に基づく資金計画や国土交通省策定の長期修繕計画標準様式・作成ガイドライン( 平成20年6 月)に準拠した長期修繕計画、また詳細な劣化診断をプラスした計画まで日本ハウズイング独自のメニューをご用意しています。

長期修繕計画の必要性と効果

マンションを適正に維持し快適な住環境と有効な資産価値を保持することは、マンションの管理における最も大きな目的の1つです。可能な限り長く安心した生活を営むためには計画的な修繕が欠かせません。 経年によって進行する建物の劣化を補うために必要な資金をどのように負担し合うのか、あらかじめ計画することで管理組合様の円滑な運営が可能となります。

長期修繕計画の見直し時期は5年程度ごと

国土交通省策定のガイドラインによると「5年程度ごとに見直すことが必要」とあります。これは、経年による建物・設備の劣化状況や社会的要求水準の向上及び生活様式の変化、また、新たな材料・新工法開発による修繕周期・単価等の変動、法改正、物価・税率の変動などの不確定な事項について見直しすることが必要となるためです。

長期修繕計画の内容

長期修繕計画作成の手順

国土交通省標準様式・作成ガイドラインに準拠

修繕工事をお考えの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

修繕工事のこと

お問い合わせ